治療を受ければ尿漏れの症状は治る【対策用のグッズも多く存在する】

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

性感染症の治療

ウーマン

正しい診断が必要

梅毒は性行為によって感染する性感染症の一つであり、感染から発疹が見られる等の初期症状から潜伏期間を経て症状が進行していきます。放置していると重篤な状態に陥り死に至る恐ろしい病気です。性行為によって感染しますので、感染の疑いや自覚症状がある方は早期に病院で検査を受けるべきです。一般に症状が現れた部位によって、受診する科を決めて行くと良いでしょう。発疹なら皮膚科へ、性器に症状が現れた場合は、男性であれば泌尿器化、女性であれば婦人科を受診する等の判断をします。梅毒は、病院で適切な処置を受けないと、第一期〜第三期までを経て、段階が進むにつれて治療に時間がかかります。潜伏期間がありますので、いったん症状が見かけ上、収まっても完治してはいませんので、適切な診断を受ける必要があります。

早期治療が大切

梅毒に感染したとしても、抗生物質であるペニシリンを投与することで、比較的、短期間に完治することができます。しかし、初期症状がほとんどありません、あっても発疹などですと、いったん治ったかのように誤認する場合があります。専門の皮膚科医であっても、初期の段階では見逃してしまうケースがあるくらいです。したがって、心当たりがあるのであれば、積極的に梅毒検査を受けるべきです。早期に発見できれば、23週間の治療によって完治します。初期症状はほとんどの場合、無自覚ですので疑いを持ったら検査するというスタンスでいましょう。市販されている梅毒検査キットを利用すれば、短い時間で検査が可能ですので、安心を得たい方におすすめです。